坐骨神経痛に良い運動ってどんなの?


またまた寒さが戻ってきた今日このごろ、いかがお過ごしですか?
未だに三田の寒さに慣れない三田オステオパシーラボのくうセンセイです。

さて今日は、坐骨神経痛に良い運動について。

一般的に坐骨神経痛は、おしりの当たりから、
ふくらはぎの外側にかけて痛みやしびれを感じる症状がでます。

zakotsu_01_il01

上図のような感じですね。

で、多くの場合、病院に行っても特に何もしてくれません。
骨や関節に異常がないから、痛み止め飲んでシップでも貼って様子見てください、って感じですよね。

SCAN IMAGE

この図のような赤い部分に痛みやしびれが出ている場合、図の中にある✕印のところにある筋肉が痛みやしびれを出す原因となっています。

上のように筋肉に原因があるときは、その筋肉をストレッチしてあげて、緩めれば痛みやしびれは緩和します。

で、上の図は、小殿筋という筋肉が原因となっていますよ、という図になりますので、その小臀筋をストレッチしてあげればいいわけです。

こういうかんじで、あぐらをかいて座って、前に倒れる。
IMG_0518.JPG

そうするとおしりの筋肉が伸びて、小殿筋がストレッチされます。

あとこういうやつもいいです。
IMG_0502.JPG

ストレッチで、臀筋をきちんと伸ばしましょう。

そうすれば治まる痛みは治まりますよ。

それでも楽にならない坐骨神経痛は、三田オステオパシーラボへ。

筋肉の問題だけではない、痛みの原因を探して取り去ります。

コメント

  1. […] そして、足やお尻周りの筋肉をストレッチしてあげること。 […]