パソコンの使いすぎで肩こりになったら。


相変わらず、三田は寒いですね〜。寒さに負けずに張り切っていきましょう!

 

さて今日は、パソコンの使いすぎによる肩こりの話。

こういうわかりやすい原因だと、すぐ良くなります。

 

この場合、注目するのは、まず、パソコンを使うときの姿勢です。

 

いくつかのポイントがあって、ヒジの状態と手首の状態がどうなっているかが重要です。

ヒジと手首を浮かせた状態でパソコンを使っていると、肩がコリやすいです。

 

腕は、一本だいたい2〜3キロあります。
その重さを肩の筋肉で支えることになるので、そりゃあ肩もコリますよね。

 

というわけで、パソコンを使う際には、ヒジや手首を机や椅子の肘掛けに固定して使うと、肩がコリにくくなります。

 

 

更にパソコンは、キーボードやマウスといった指を使う入力機器を使います。

 

これがまた、肩コリの原因になるんです。

 

指の筋肉は、ヒジの辺りから始まります。
なので、手指を使うと腕の肘のあたりの筋肉が疲れるんです。

 

入力作業がある以上、この疲労はなくならないのがツライところです。

 

しかし、このヒジのあたりの筋肉にシップをしたり、バンテリンの様な塗り薬を塗ることで、肩コリが軽減します。

 

歯が浮くような首コリや、頭痛を伴うような肩コリの場合にも有効です。

 

ぜひお試し下さい。

 

 

それでも良くならない場合は、三田オステオパシーラボへ。

ガンコな肩コリも元からほぐします。

コメント