えっ!? 首の痛みって、そんな簡単に楽になるの?


なんだか、鬱陶しい天気が続きますが、いかがお過ごしですか?
神戸元町整骨院KUのくうセンセイです。

 

さて、今日の肩痛さんは、首から右肩にかけて痛く、右に顔を向けられないといって来院された方です。

 

この方も夜はシップを貼らないと寝られないくらい首が痛かったそう。

 

さっそくオステオパシーによる検査をしてみると、問診のときに伺っていた手術の跡が問題でした。

20数年前の虫垂炎の手術ですが、こういった手術の瘢痕がいろんな症状を出すことが多くあります。

この方の場合は、同側の肩に症状が出ていたことになります。

 

この手術の瘢痕を緩めてやると、痛みはほぼなくなり、首も自由に動かせるようになりました。

 

で、「シップを貼り忘れた!」。
その晩は、シップを貼らずにぐっすり朝まで眠れたそうです。

 

首の痛みなのに虫垂炎の手術の跡だなんて、って感じですが、原因が分からないと、いつまでも痛いままですもんね。

 

オステオパシーでは、こういった手術の瘢痕や昔の外傷なども視野に入れて検査し、効果を上げています。

次は、ぜひあなたが、体感してください。

 

コメント